ビタミンCの種類と効果

コラム

ずぼらにできて効果のあるスキンケアに最短でたどり着くためには知識が必須…。ということで、美容には欠かせないビタミンCについて調べてみました。

ビタミンCのはたらき

  1. メラニンを抑制(色素沈着を目立たないように、また色素沈着しにくい肌へ)
  2. 新陳代謝を促進(ターンオーバーを正常化する)
  3. 皮脂分泌を抑制(ニキビ肌・オイリー肌に効果的)
  4. コラーゲン生成の促進(弾力のある肌に)
  5. 抗酸化作用(老化から肌を守る)

全部欲しい効果や…これはなんとしても攻略して使わなあかん…

ビタミンCの種類

化粧品に配合されているビタミンC系は、大まかには以下の2種類がある。

  • ビタミンC(アスコルビン酸、L-アスコルビン酸)
  • ビタミンC誘導体(VC誘導体)

ビタミンC(L-アスコルビン酸)

ビタミンCそのもの。化粧品の成分に記載されている「ピュアビタミンC」も同一のものを指す。

ただし、ビタミンCそのものは肌のバリア機能を突破できないため、角質層の奥には浸透できない。また非常に構造が不安定なため、すぐに酸化してしまうことが多い。誘導体よりも即効性がある。

ビタミンC誘導体(VC誘導体)

ビタミンC誘導体は、ピュアビタミンCを化粧品として扱いやすくしたもの。ビタミンC誘導体は、角質層に浸透しやすく、メラニン色素に近い距離で酵素によってビタミンCに変化し、ビタミンCとしての機能を発揮する。長時間活性を持続する性質もある。

ビタミンC誘導体には、大きく以下の3種類がある。

  • 水溶性ビタミン
  • 脂溶性ビタミン
  • APPS(アプレシエ)

水溶性ビタミンC誘導体

即効性があり、肌にすぐ入っていってビタミンC本来の効果が期待できる。

皮脂分泌抑制作用が強く、肌をなめらかにする作用もあるため、ザラザラ肌・ニキビ肌・オイリー肌に効果的。ただし、上記の有用作用の反動で、乾燥肌・敏感肌には不向き。しみたり痛かったりすることが多いので、そういった場合は、アイテムの使用を中する方が望ましい。

水溶性ビタミンC誘導体は、化粧水や美容液と言った水タイプの化粧品に配合される。長期の保存には向かず、できれば冷所での補完が推奨される。

超高濃度になるとテクスチャーがこっくりとしてきて浸透力が下がるので、10%程度で良いとされる。10%程度でも十分効果はある。

  • アスコルビン酸グルコシド
  • リン酸アスコルビルマグネシウム
  • アスコルビルエチル(3-O- エチルアスコルビン酸)
  • アスコルビン酸リン酸エステルナトリウム
  • グリセリルアスコルビン酸
  • ビズグリセリルアスコルビン酸

脂溶性ビタミンC誘導体

水溶性ビタミンとは異なり、肌への取り込まれ方はゆっくり。ゆっくりだけど、脂溶性ということで、肌の油の膜を透過して肌の深いところまで影響を及ぼせると言われている。かつ、吸収率や効果の持続性も高い。

高濃度でも肌への刺激が少ないので、乾燥肌・敏感肌でも使いやすい。

脂溶性ビタミンCはオイルに馴染みやすいため、クリームやジェル系の化粧品に配合される。化粧品配合推奨濃度は5%とされている。

  • ジパルミチンアスコルビル
  • ステアリン酸アスコルビル
  • テトラヘキシルデカンアスコルビル
  • パルミチン酸アスコルビル

進化型ビタミンC誘導体

水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンの両方の性質を併せ持ったビタミン。水溶性ビタミンの即効性もありながら、脂溶性ビタミンの深いところまで影響を及ぼせる効果もある。

刺激は、水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンの中間あたり。比較的刺激弱め。

通常化粧品が浸透するのは角層までと言われているが、進化型ビタミンC誘導体は真皮まで到達できると一部で言われていることもあり、真皮でのメラニン還元に関われるため、美白効果だけでなく、長期使用すればシミやしわやハリの改善などのアンチエイジング効果も期待される。

進化型ビタミンC誘導体の化粧品配合推奨濃度は1%~2%。

  • APPS(アプレシエ)(パルミチン酸アスコルビルリン酸 3Na)

ビタミンC、どうやってスキンケアに取り入れよう…?

まあぶっちゃけた話、スキンケアってビタミンCだけやってればいいわけじゃないし、ビタミンC単体にそんなにお金をかけられないってのが現状ですよ。

もちろん、お金ケチって意味ないの使うのは本末転倒だけどさ。でも私は、毎月ビタミンCに1万円とかは払えない。2000万プレーヤーくらいにならないと…。

この↓動画でも言ってるように、1アイテム2000円~5000円くらいならなんとか頑張ろう。プチプラなら医薬部外品がおすすめなんだって。詳しくは動画見てみてね。

化粧品は【2000円~5000円】を狙え!『プチプラコスメを選ぶコツ&デパコスの原価の真相』とは…? 化粧品のプロだから知っている、本当は教えたくない化粧品の「狙い目」価格帯

化粧水で取り入れる

メラノCC化粧水

コスパがヤバイ!メラノCC美白化粧水の成分解析

上記の動画で紹介されているのを見て、「メラノCC化粧水」1本買って使ってみました。

「水溶性ビタミンC誘導体」の見出しで紹介した「3-O- エチルアスコルビン酸」っていう成分が入ってるのがポイント。プチプラ化粧水で入ってる商品はほとんどないから、コスパがいいとのこと。通常は2000円〜3000円レベルの化粧品に入ってる成分なんだって。

でも、高い化粧品と比べると有効成分の濃度は低いんでしょ?

と、思ったんですが、医薬部外品なのでそうでもないらしいです。医薬部外品は、医薬部外品として認められるために基準となる配合量があるんだって。だから腰ぱアイテムでも、有効成分が少なすぎることもないと。

Amazonでチェック → メラノCC化粧水

楽天でチェック → メラノCC化粧水

実際に使ってみた感想

レビュー記事も作って詳しく書こうと思うけど「メラノCC化粧水」は、抗炎症作用成分入ってるからか、肌が乾燥してる時(冬とか、乾燥肌の人とか)は、高保湿の美容液とかクリームを使った方がいいと思った。

コスパはめっちゃいい。だってAmazonで1本793円 (5円 / ml)。私は1.5ヶ月くらい使えた。(これは1回あたりの使用量に左右されると思うけど)

匂いはレモンって感じ。しっとりタイプを買ったので、とろみは結構強かった。でも割とちゃんと馴染む。そんなバシャバシャ使う感じではないかな。

シミとかが消えたかって言われると、正直不明。あんまり変わらない気がする…。まあでもそんな短期で成果の出るものでもないし、他にめぼしいのがなければ続けようかなと思っているところ。

次に紹介してるドクターシーラボの化粧水と半顔ずつで1ヶ月やってみようかな…!

ドクターシーラボ VCエッセンスローションEXSP

皮膚科医が成分で選んだドラコス化粧水ベスト3 / Top 3 Lotion among Drugstore-Cosmetics Selected by Dermatologist

上記の動画で紹介されているのを見て、「ドクターシーラボ VCエッセンスローションEXSP」1本買って使ってみました。

何と言っても、進化型ビタミンC誘導体「APPS」が配合されているのがポイント。肌の表面にも奥にも効くのだ。あとドクターシーラボの独自技術「発酵コラーゲン」も入ってて、「APPS」との相乗効果がみられるとのとこと。

Amazonでチェック → VCエッセンスローションEXSP

楽天でチェック → VCエッセンスローションEXSP

実際に使ってみた感想

コスパはうーーーん。。だってAmazonで1本4,780円 (32円 / ml)。1.5月くらい使えたけど(これは1回あたりの使用量に左右されると思うけど)、メラノCCと比較すると高いと思っちゃうよねえ。。(薄給つらたん)

ml単価6倍以上だし。じゃあ6倍の何か良いことがあったかって言うと、うーーーん。。確かに、肌がきめ細やかになって、ザラザラがなくなって、滑らかになったと思う。でも6倍…?

匂いはこっちもレモンって感じで、どちらかと言うととろっとしてる感じ。でも肌にはちゃんと馴染む。メラノCCのしっとりよりは軽いテクスチャ。

メラノCCのとこでも書いたけど、今度はメラノCCとVCエッセンスローションEXSP半顔ずつで1ヶ月やってみようかな…!水分量と油分量もちゃんと計測しよう。

美容液で取り入れる

エビス化粧品(EBiS) Cエッセンス

今年の夏くらいにこれ使ってみたんよ。エビス化粧品(EBiS) Cエッセンスってやつ。LDKで良いって紹介されてたからいいのかなって思って。

実際に使ってみた感想

匂いはまじでレモンって感じで、軽いのテクスチャだった。口コミも良くて。けど、ドクターシーラボの化粧水と一緒に使ってたから、どっちの効果で肌が改善したのかわからない…もったいない…!

あとは、調子乗って50mlにしたのがよくなかった。後半、なんか酸化してるなって感じの匂いがしてて、でももったいないから使ってたんだけど、きっと肌にはよくなかったよね。。次買う時は20mlにしよう。。

Amazonでチェック → エビス化粧品(EBiS) Cエッセンス

楽天でチェック → エビス化粧品(EBiS) Cエッセンス

ナチュールシー ビタミンC美容液

下記の動画で紹介されているのを見て、次の美容液はナチュールシー買う予定。この動画はPRなんだけど、いいと思ったものしか仕事受けないとのことだったので。

ピュアビタミンを7.5%も使ってて、ちゃんと肌内部まで届くようにナノカプセルに入ってるらしい。

ビタミンC美容液「ナチュールシー」の成分から良い点悪い点を徹底解説

あと、成分がすごいシンプルなのが良いなと思った。余計な成分入ってなくて、もし合わなかったとしても何が原因で合わなかったのかわかりやすいし。

Amazonでチェック → ナチュールシー ビタミンC美容液

楽天でチェック → ナチュールシー ビタミンC美容液

とりあえず、ビタミンCは必ず使う!

私は、期待できる効果のことを考えてもビタミンCは必ず取り入れたい成分だと思う。化粧水をメインにするか、美容液をメインにするかはちょっと検討の余地ありだけど…。

次は飲むビタミンの話と、ビタミンCの商品レビューを書こう。

参考資料

コメント

タイトルとURLをコピーしました